人気ブログランキング |

firemouth factory2

firemouth2.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 17日

GoPro買った

GoProを買った。
記録を行うには、動画が一番良い。
もっと言うならGoProが良い。小型で防水、衝撃にも強く、ボタンを押せばカメラを構える事無く、
映像を撮り続けてくれる。
自分がカメラマンにならなくて良い。
これって結構大事。
その場の参加者として、撮影が出来るので、ほとんど撮っているとか撮られているとかの意識が働かない。
そういった映像を見るのは新鮮。

私が購入したのは、2世代前のGoPro HERO5 BLACK。今は7が最新。
こういう物は、新しければ新しいほど、高ければ高い物ほど良い。
でも、私はGoPro HERO5 BLACKで十分満足。そのくらい基本的な機能については、完成されていると思う。
これが2万円台で(中古だけど)手に入るようになったと思うと、凄い時代を生きていると思う。

そして、撮り終えた後の編集が更に楽しい。
これが、動画撮影の醍醐味だとすら思っている。
撮影を終えた、映像を見ながら追体験し、編集を行う。
難しい事は行わず(行えないが正解)映像を切ったり、貼ったり、BGMやテロップを付ける程度の事だけど、
それでも十分満足。楽しい。新しい世界に出会ってしまった(笑)
もう少し、勉強の必要性を感じてはいますが、近々 you tubeにチャンネルを立ち上げようと検討しています。
その時、こちらでもお知らせします。

唯一、現在の不満はi Macが古いため、作業がはかどらない事。新しいMac購入しよーかなー。
予算がないなー。と絶賛検討中。

では、また。

a0263110_12095804.jpg



# by fire-mouth | 2019-01-17 12:07 | コラム | Comments(0)
2019年 01月 08日

釣りと写真

無理に写真と釣りを結ばなくても良いのだけど、
(実はそんなにかけ離れた物ではないと感じている。でも、話しが長くなるので、また別の機会に書きます)
自分なりの発見があったので、書きます。

釣りをやらない皆さんでも、一度は見たことがあると思うのですが、釣り上げた魚の写真。
実は、あれが私、とても苦手です。
私は、釣り上げた魚のほとんどをリリースしています。
そうすると記念に、記録に、自慢に、写真を撮りたくなるのが性ってやつ。
でも、今まで満足に撮れた事がありません。
なまじ写真家なんて名乗ってしまっているので、撮った写真を見ては恥ずかしい思いをするばかり。

リリースを前提にしているので、なるべく魚にダメージを与えたくない。
そうすると撮影時間は限られます。
生き物相手の写真、一発でベストショットなんて難しい。
そういった制約もありますが、写真が良くならないのはそれだけが理由ではないと思っています。

それは、撮ろうとしている写真が記録物でしかないから。

記録写真が悪いとは思いません。
写真を使って情報や話題を共有する。そういう大事な役割があると思います。
でも、今まで自分が撮っていた写真とどうしても、比べてしまう。下手になったなと考えてしまう。
(この時点で、これまでの自分の写真という物が分かっていなかったという事)

でも、魚の写真を通して、世界に何かを訴えかけたい訳でも、自分(思い)を感じて欲しい訳でもないので、
記録写真を撮り続けて来ました。
一番は「釣れたぜー」って自慢したいから(笑)
すると、これまでは、どこかで消化不良をおこしていた「自分は写真に何を求めているのか」という問いへの
答えが最近すーっと分かったような気がしています。

何が写っているのかでも、どんなカメラを使っているのかでも、デジカメなのかフィルムなのかでも、カラー
なのかモノクロなのかでも…でも、無く。
写真の中に収められている物が実体を越えて、様々な感情を想起させる。
そんな写真に価値を見いだし、そんな写真を撮りたいと感じ、写真に向き合ってきたのだと。

決して特別な事でもなく、何を今更と言われそうですが、記録物としての写真を撮り続け感じた事なので。

それにしても、気づくまで(言葉に出来るまで)時間がかかったなー。

気づいたとしても、写真が直ぐに良くなるわけではない。
思考と身体(技術)とタイミングそれらが丁度良いバランスで噛み合ったときに成果が生まれる。
これも、写真と釣りの共通点ですね(この2つに限ったことではないと思いますが)

でも、常に何かを問い続け、答えを求め続けて行く事って大事だし、だから生きてるって楽しいのだと
思います。

では、また。
a0263110_17433840.jpg



# by fire-mouth | 2019-01-08 17:25 | コラム | Comments(0)
2019年 01月 08日

久しぶりの更新

久しぶりの更新です。
今、ブログを見返してみると最終投稿が2017年12月。
だいぶ、長い間放置していた事に。

今回の更新も特に目新しい事がある訳でも無く、復活宣言でもありません。
しかし、元来の話し好きで、誰の目に止まる事がなくても、何かを書く発信するという事が、
どうも好きな性格のようで、少し前から沸々とブログを更新して見ようかと考えていました。

以前は、写真の活動がありそれらを中心にブログを書いておりましたが、ブログを休んでいる
期間、全く写真の活動は行っておりませんでした。同じ、ブログの中で全く違った内容を今後
更新する事って、どうなんだろうと考えたりもしましたが、これまで更新を続けてきた年月を
無駄にするのも違うな、と。もともと私が常日頃思っている事を書くブログだったので、写真
とはかけ離れた物になっていっても、長い目で見れば、しっくり来る日が来るかもしれないと
考え、今回の記事を投稿する事にしました。

今後、写真関係の話しが全くないという訳でもないですよ(笑)
ブログを更新していない期間は、たかが外れたかのように、外に出かけ、釣りやキャンプ等に
いそしんでおりました。自然に思いっきり遊んでもらってました。
そして、色々と考える事、気づいた事、まぁ何も考えず笑える事、自慢したい事、そんな事が
溜まってきたので、もう一度ブログの事を考えるようになったのではないかと思います。

そういった事をこれからは少しずつ、ここに書いていきたいと思います。
皆さんに読んでもらいたいという気持ちもありますが、何年か経った後に自分で読み返し、
その時の自分が何をして、何を感じ、何を書いていたという事が分かるという事も、ブログを
続ける楽しみなのではないかと思います。

少しずつ、更新を重ねていきます。どうぞ、お付き合い下さい。

最後に簡単な私の近況報告を一つ。
表現というピリピリした作業から距離を置いたせいか、飯がうまく体重が8kg近く増えた
せいか、久しぶりに会う方々に「太ったねー」と高確立で言われます。
口に出さない人も思ってはいるが気を使って口に出さないだけだと思っています。
今は、健康な体作りに励んでおりますが、人間35歳を越えると体重を減らすのが大変です。
頑張ります。

では、また。



# by fire-mouth | 2019-01-08 15:26 | コラム | Comments(0)
2017年 12月 03日

Brand new

a0263110_08432198.jpg
どこにでも、当たり前にあって、みんな知っている。
だけど、そんなありふれた光景に、自分がすーっと、
リンク出来た時、全く別の物に見える。
今まで、自分が知らなかった、
真新しい世界に出会う。

色々な不都合はあるけれど、僕たちが生きる
世界は、時間は、美しい。
一つでも多くの光景にリンクしたい、
その為に僕は写真を撮っている。

誰もが、かけがえのない世界。
かけがえのない時間を生きているって知っている。
でも、時々忘れてしまう。

僕の写真が、思い出すきっかけになってくれれば。


一年かかった。
この記事を書くのに。
また、ここから。






# by fire-mouth | 2017-12-03 09:05 | Comments(0)
2017年 04月 09日

少しの手間

先週の今日、家族で福島市内を走る飯坂電車に乗って飯坂温泉へ。
福島市では、一家に一台くらいの割合で車を持っていて、免許を取得してからは、ほとんど電車に乗る機会はない。
飯坂電車もシンボル的な存在であって、生活の一部という訳でもない。
今回も車に乗って出かけてしまえば、あっという間に着く距離。
でも、あえて電車で出かける事にした。
息子を電車に乗せるのも良い経験と奥さんと話合ったから。
(飯坂でお酒と美味しい餃子という魂胆もあったのだけど)
駅まで歩いて行き、電車を待ち、電車に乗る。
いろいろな話をする。
少しの間、関東で生活をした時、電車の本数にビックリした事とか。
いつもと違うこの少しの手間が、充実した時間を作ってくれたのだと思う。
やっぱり、こういのうって大事だね。
*この駅舎、趣があって良いなーって、今更ながら発見も出来た。

a0263110_12170357.jpg
a0263110_12170937.jpg
a0263110_12171619.jpg
a0263110_12173748.jpg
a0263110_12174388.jpg
a0263110_12175667.jpg
a0263110_12180558.jpg
a0263110_12181172.jpg


# by fire-mouth | 2017-04-09 12:28 | GR | Comments(0)