firemouth factory2

firemouth2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 28日

秋はどんどん進む6。

a0263110_1531953.jpg


結論からいうと、秋という季節が過ぎるのはもっと早いものだと思っていた。
このシリーズを始めたのも、自分の写真に秋という季節が写り始めた事からだった。
生命の生きる力をとても感じた夏。
それが自分の写真に秋を感じてからは、まるで世界が最後の力を振り絞って精一杯に命をつないでいる様に私には見えた。
秋はあっという間に終わり、冬がすぐにやってくるのではないかと思った。
その変化をこのシリーズで見てもらえればと思った。
でも、そうではなかった。
今も徐々に気温は下がり、冬の足音が近づいて来ている。
でも、まだ秋は残っている。
「時が経つのはあっと言う間」と言う言葉があるが違う気がする。
ほんの少しずつ変わっているという事に気づかずに見逃していると、積もり積もった小さな変化が大きな変化をもたらす。
その過程を見ずに結果だけ見ている人が「あっと言う間に変わった」と勘違いするのではないかと思う。

自分もそうだった。

小さな一つひとつがやがて大きな結果をもたらす。

だからこのシリーズのようにどんどん進むなんてことではないのだ。
小さな一歩一歩が秋を引き連れやって来て、また小さな小さな歩みで去って行く。
やがてくる冬も春も夏も。
そんな風にして季節は巡って行くのではないか。
そんな事に改めて気づいた。
ある秋の日の事。

M8 summarit 35mm f2.5

by fire-mouth | 2012-10-28 15:56 | M8 | Comments(0)


<< white road。      秋はどんどん進む5。 >>