firemouth factory2

firemouth2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 03日

summarit 35mm f2.5について。

今日はカメラの事。
もうしばらく、黙って写真のアップだけを行っていたのですが、実はNEWレンズを購入しておりました。
ライカの「summarit 35mm f2.5」というレンズ。
発売から時間も経っているし、ぜんぜん派手じゃないスペック。
でも、安い買い物じゃない。
ちょっと無理してもっとビックネームを手に入れたくなるのが、人情ってものだと思います。
そりゃー、話題にもならないですよね。
でも、私にとっては凄く良いレンズ。
M8との組み合わせで使っているので、画角も50mmに近い感じでとても撮りやすいです。
自分にとっては、一番ビシッとくる画角なんです。(35mmという画角がとても苦手…。)

描写も凄い素直。
レンズがドラマを作ってくれたりはしません。
でも、どんな条件でも絵にはしてくれます。
色乗りも素直で凄い好みです。

実はカラーで写真が撮りたくなってレンズを探していて行き着いたのが、このレンズでした。
もし、金が湧いて出てくるくらいあるのなら、ズミルクスとかノクティルクスとか…数えあげれないくらいのビックネームレンズを試してみたいのですが、しがない社会人には「summarit 35mm f2.5」が精一杯。

話が愚痴っぽくそれましたが「summarit 35mm f2.5」自分のカラーへの挑戦を十分に支えてくれました。
素直な画角に、素直な描写と色乗り。
このレンズが今まで知らず知らずに自分に課せていた写真への足かせを一つ一つ取ってくれている様に感じます。
今となっては、自分にとってはもう欠かせない相棒です。(くどいけど、高い買い物だったけど)
これからもっと関係を深めて行けるのではないかと思います。
もちろんモノクロでも良い感じですよ。

結局、写真は人が撮るものでカメラやレンズではない。
今もそう思っています。
でも、モチベーションをあげてくれたり撮っている自分にも驚きを与えてくれているのも事実です。
機材との会話の中で一つのきっかけを作ってくれる事もあります。
結局どういった関係を求め、どう付き合って行くかだとも思います。
それは人それぞれです。

最近、私は「summarit 35mm f2.5」というレンズと、とても良い関係を作れて来ていると思ったのでこの記事を書きました。
これから私がこの機材でどんな写真が生み出せるか、楽しみに見て頂ければと思います。
そして、このレンズに興味を持たれたらお試しになる事を勧めます。
地味で、目立たない子ですが、素直にけなげな程に、あなたを支えてくれるレンズですよ。
a0263110_0444854.jpg


by fire-mouth | 2012-10-03 10:10 | カメラの事。 | Comments(0)


<< SILVER GELATIN ...      今日も僕らは生きている。 >>