firemouth factory2

firemouth2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 09日

少しの手間

先週の今日、家族で福島市内を走る飯坂電車に乗って飯坂温泉へ。
福島市では、一家に一台くらいの割合で車を持っていて、免許を取得してからは、ほとんど電車に乗る機会はない。
飯坂電車もシンボル的な存在であって、生活の一部という訳でもない。
今回も車に乗って出かけてしまえば、あっという間に着く距離。
でも、あえて電車で出かける事にした。
息子を電車に乗せるのも良い経験と奥さんと話合ったから。
(飯坂でお酒と美味しい餃子という魂胆もあったのだけど)
駅まで歩いて行き、電車を待ち、電車に乗る。
いろいろな話をする。
少しの間、関東で生活をした時、電車の本数にビックリした事とか。
いつもと違うこの少しの手間が、充実した時間を作ってくれたのだと思う。
やっぱり、こういのうって大事だね。
*この駅舎、趣があって良いなーって、今更ながら発見も出来た。

a0263110_12170357.jpg
a0263110_12170937.jpg
a0263110_12171619.jpg
a0263110_12173748.jpg
a0263110_12174388.jpg
a0263110_12175667.jpg
a0263110_12180558.jpg
a0263110_12181172.jpg


# by fire-mouth | 2017-04-09 12:28 | GR | Comments(0)
2017年 03月 19日

お宅探訪

a0263110_17053080.jpg
a0263110_17051023.jpg
a0263110_17051341.jpg
a0263110_17051958.jpg
a0263110_17053606.jpg
a0263110_17052566.jpg

急に思い立ち購入した一脚が届いたので、GRにつけて自宅を撮影。
GRの弱点であるブレやすさを補う為の一脚。
働き具合を確認するように自宅のかかすかな光を探す。
撮り歩くうちになんか良いリズムが生まれ撮影枚数がかさんだ。
良い買い物をしたと思う。
今後が楽しみ。








# by fire-mouth | 2017-03-19 17:24 | GR | Comments(0)
2017年 03月 16日

むくむく SIGMA sd Quattro

最近、気になってしょうがないカメラ。
SIGMA sd Quattro。
発売から結構時間が経っていると思う。
でも、今のフィーリングにとても合っていると思うカメラ。
あまり、スペックや流行は気にしないたち。
ぶっちゃけていうとあまりカメラの性能や個性を直ぐに掴んで使いこなす事が出来ない私。
江口師匠は的確にカメラの性能を掴んで、制作に生かしていると思う。
私は、使い込んでみないとカメラと自分の距離を近づける事が出来ない。
「景色から情景へ、そしてそれらが風景に変わる」ではGRを使用した。
最新から一個前のGRⅡではなくGR。
しかも中古、更に購入から半年使い込んでようやく、使えるカメラと認識できた。
GRの良さを実感出来たのは、パッと出せて高画質が得られる事。
写真を撮るという事を意識しすぎずに、被写体に向き合える感じがとても良かった。
それが、作風につながったとも思っている。
その真逆がしてみたくなっている。
カメラを通して、じっくりと被写体に向き合ってみたい気分になっている。
色々な事を言われているカメラだけど、得られる画質には十分期待が出来る。
GRがいくら高画質といっても、コンパクトカメラにしては、というレベル。
あのセンサーの描写が今、必要な気がするんだような。
決して買えない値段ではないしな。
買っちゃった後に写真処理に今のPC環境が対応出来るのか、とか不安が募るんだけど…。
欲しいんだなー。
a0263110_23120276.jpg


# by fire-mouth | 2017-03-16 23:35 | GR | Comments(0)
2017年 03月 01日

閉幕

昨日、個展「景色から情景へ、そしてそれらが風景に変わる」が閉幕しました。
最終日、在廊が叶いませんでした。
オーナーの佐藤さんのブログによると、平日の最終日でも多くの方が訪れて頂けたとの事。
うーん聞けば聞くほどに残念…。
とは言っても、ギャラリーへ足をお運び頂いた皆様、一緒に展示を行って頂けた亀卦川さん、そして、最後までサポート頂きましたオーナーの佐藤さん、本当にありがとうございました。
感謝申し上げます。
これで私のKalos galleryでの展示は最後。
私自身、また新たなスタートが切れるのか…まだ手元にはきっかけも、材料もありません…。
歯切れの悪い、なんとも微妙なコメント。
いつもだったら、一つの展示が終わる毎に次のシリーズの構想が浮かんできて、次の展示への意欲で満たされながら、会期終了を迎えていたのに…。
今回は、会期が終了に向かえば向かうほどに、虚無感が大きくなるばかり。
それだけ大きな存在だったと感じています。
沢山の思い出をありがとう。
Kalos galleryはこれからラストスパートへと向かいます。
熊谷毅 個展「JANE is the stranded
熊谷さんともKalos galleryで出会い、尊敬する写真家さんのお一人です。
私自身、その出来をとても楽しみにしております。
ゴールがあれば、また新たなスタートラインが見えてくる、人ってそうやって人生を生きていく物だと思います。
私もまた、新しいスタートラインを見つけて私らしく走り抜けたいと思います。
そして、いつかまた、展示のお知らせが出来ればと思っています。

a0263110_11142216.jpg






# by fire-mouth | 2017-03-01 11:10 | 展示 | Comments(0)
2017年 02月 28日

景色から情景へ、そしてそれらが風景に変わる

a0263110_19205254.jpg
わたし4回目の個展「景色から情景へ、そしてそれらが風景に変わる」がKlos galleryにて開催されます。オーナーの佐藤さんからのサポート・色々な方との出会い・初個展も開催させていただいた大切なギャラリーが今年の3月を目処に閉廊予定。最後の企画の中で個展(厳密に言えば亀卦川さんとの二人展)として参加出来る事になりました。期待・寂しさ・色々な感情を抱えての展示となります。私としてもKlos galleryで行う最後の展示となります。是非、その目で展示をご覧になってください。よろしくお願いします。

樋口清之個展
景色から情景へ、そしてそれらが風景に変わる
会場
Kalos gallery
会期

 2017年2月16日(木)~2月28日(火)
 13:00~19:00 月曜日休廊
 入場料 ¥300 (期間中何度でも入場出来るパスポート制)


# by fire-mouth | 2017-02-28 19:00 | 展示 | Comments(0)